Asset Publisher

null デジタルトランスフォーメーション(DX)への企業の取り組みや成功事例から見るそのメリットとは

デジタルトランスフォーメーション成功事例

デジタルトランスフォーメーション(DX)への企業の取り組みや成功事例から見るそのメリットとは

benefits of DX

デジタルトランスフォーメーション(DX)における、企業の取り組み方法や成功事例を基に、そのメリットをご紹介します。

国内外の多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいますが、具体的にその恩恵を受けている企業は、DXで顧客中心主義を推進しているという共通した特徴が明らかになりました。

こちらの記事では、DXが活発化した背景や事例などをまとめて紹介しましたが、本記事では、DXのメリットや成功事例を、さらに詳しくご紹介します。

関連する記事:
デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?わかりやすく解説
デジタルトランスフォーメーション(DX)における課題とレガシーシステムの存在
デジタルトランスフォーメーション(DX)における日本企業と海外企業の違いとは

企業のDXへの取り組み状況


日本国内では現在、従業員数500人以上の企業のうち、63%がDXに着手(検討、検証、実行)しており[1]、グローバルにおいては、約9割以上の企業がDXに何かしら取り組んでいるとされています[2]。

DXへの企業の取り組み状況グラフ

さらに、現在はDXの取り組みがない企業の半数以上が、2019年中には、検討を始めるというレポートもあり[3]、世界的にみてもほとんどの企業がDXに取り組んでいる、または取り組もうとしています。では、実際にDXの取り組みが成功した場合には、どのような恩恵があるのでしょうか。

DXの具体的なメリットとは


経済産業省のレポートによると、企業はDXによって、以下のように複数のメリットを得ており、特にデジタル界のリーダー企業はその恩恵を多く受けていることがわかります[4]。具体的には「利益向上」「コスト削減」「顧客との関係性向上」などが挙げられています。

デジタルのリーダー企業とフォロワー企業の違い

DXによる恩恵をすでに受けている企業もありますが、まだ効果が出ていない企業が多いのも事実です。しかし、約4割の企業が、DXが最大限効果を発揮するのは導入から3〜5年後と考えていることから、DXはすぐに効果が出るものではなく、長期的な目線で考える必要があるといえるでしょう[5]。

ここで、DXのメリットについて近年DXで大きな成果を収めている2社:Spotifyとメルカリ社を例に、より詳しくご紹介します[6]。

◆Spotify
Spotify社の成功事例紹介

◆メルカリ
メルカリ社の成功事例紹介

両社とも、顧客の利用チャネル多様化に対応したサービスをいち早く提供し、顧客にとっての「使いやすさ」を重視しサービスを展開し続けることによって、大きな成功と実績へと繋げていることがわかります。その他にも、シスコ社のように職場環境、サプライチェーン、クラウドなど企業全体を通じてDXを行い、従業員のエンゲージメントが17%向上、サプライチェーンの効率も35%上昇するなど、自社の職場環境向上や効率化を図ることにより、メリットを得ている企業もあります[7]。

DXを顧客中心主義で推進している企業は、Spotifyやメルカリの事例のように、競合優位性を得て収益も増加する傾向にあることが明らかになっています[8]。日本企業は世界の企業と比べ、DXを推進する上で「データの資本化/収益化」を重要視しているため、そのデータを基に顧客中心主義を推進することができれば、大きな競合優位性を得ることができるのではないでしょうか。

企業のDXを支援するLiferay DXP


弊社製品 Liferay DXP(デジタルエクスペリエンスプラットフォーム) は、様々な企業のDXを推進させてきた実績があり、ユーザーにデジタル体験を与えるイントラネットやパートナーポータルを構築することができます。企業のITに対する「意識」を変え、「顧客中心主義」に生まれ変わるための、基盤となる製品です。また、世界的調査会社のガートナー社によるマジック・クアドラントレポートでは、9年連続で「リーダー」企業として選出されており、世界中の有名企業にも導入頂いています。

Liferay DXPで何を具体的に解決できるのか、詳細はこちら、導入事例一覧はこちらよりぜひ一度ご覧下さい。

参照文献

導入事例・資料

Asset Publisher

Upgrade - jp common footer contact or demo