大企業向けイントラネット(社内ポータル)構築が可能なソフトウェア


社内コミュニケーションに課題を抱えていませんか?


80%

80%近くの企業が、社内コミュニケーションが上手くいっていないという課題を抱えています。

20%

社内情報の検索に、社員は週20%程度の業務時間を費やしています。

13%

毎日イントラネットを利用する社員は、
わずか13%程度です。

社内コミュニケーションの改善策とは?

これらの課題を解決するには、従業員や企業文化の改革はもちろんですが、その改革を促進するイントラネット(社内ポータル)の導入が必要不可欠です。

しかし、ただ単にイントラネットを導入するだけでは解決できません。企業独自の組織構成に柔軟に対応でき、社内のレガシーシステムや業務システムとの連携ができる、拡張性の高いイントラネットが必要となります。

Liferay DXP で構築するイントラネットの特徴

ベンダーロックインの回避

Liferay DXP は、多くのサーバーやデータベースなどとの互換性が高く、新システム導入時などでもスムーズに連携することができます。

シングルサインオン

利用者は、Liferay DXP で一度ログインするだけで、連携している社内業務システムなどでの面倒な再ログインが不要となります。

詳細な権限管理

支社や部署、人ベースでコンテンツの通知、閲覧や編集の権限を設定できるため、必要な人だけに必要な情報を共有することができます。

マルチサイトの構築

1つのライセンスで、自社サイトと自社の他ブランドサイトなど、複数のサイトを構築できます。また、ライセンス料はサーバー単位のため、利用者が多ければ多いほど優れたコストパフォーマンスを発揮します。

優れたUX

モバイルはもちろん、あらゆるデバイスで最適な表示が可能です。また多くの導入企業では、その直感的な操作性により、Liferay導入後の操作に関するお問い合わせ数が減少しています。

豊富な標準機能

70以上の標準機能を備えているため、企業独自の要望を、カスタマイズすることなくそのまま利用することもできます。

Liferay DXP で解決できる主な課題

社内コミュニケーション

掲示板や社内通知、カレンダーなどの標準機能を利用することで、社内コミュニケーションやイントラネットの利用を促進できます。さらに多言語対応が標準で備わっているため、海外支社との利用も可能です。

イントラネット管理者の負担

Liferay DXP の強みでもある直感的な操作性により、導入企業の多くで、利用に関する問い合わせが大幅に減少。さらに、コンテンツの閲覧・編集管理権を部署や人に付与できるため、イントラネット管理者の負担を軽減できます。

サイロ化された
データやシステムの統合

レガシーシステムやデータベース、ERP、サイロ化されたデータなどを統合することができるため、統合プラットフォームとして利用することもできます。


Liferay DXP

Liferay DXP で構築されたイントラネットは、社内に散らばるデータ、社内業務システムやレガシーシステムなどを統合することができるため、統合プラットフォームとしても機能します。

従業員一人ひとりのニーズに合わせた情報の表示、シングルサインオンやモバイル対応など、業務効率をアップさせるための標準機能が数多く備わっています。


Upgrade - jp solution common banner - other solutions

Liferay DXPで構築する主なソリューション

様々なソリューションを一つのプラットフォーム上で構築できます


Liferay DXP 7.1 イントラネット機能概要

製品情報ホワイトペーパー

Liferay DXP 7.1 イントラネット機能概要

本資料では、Liferay DXP構築できるイントラネット機能について、概要を紹介します。複雑な組織構造やグローバルな企業でもすぐに対応可能な、業務と管理を効率化する機能がそろっています。

弊社では、資料ダウンロードフォームよりお預かりした個人情報の取扱いについて、厳格に管理し保護に努めてまいります。この先続行することで下記に同意したものとします。【個人情報保護方針】個人情報取扱い管理の詳細については、こちらをご参照ください。


Upgrade - jp common footer contact or demo