イントラネットで使えるパーソナライゼーション機能6選 - イントラネットで使えるパーソナライゼーション機能6選 - Japan

null イントラネットで使えるパーソナライゼーション機能6選

by Maho Yoshinaga

イントラネットで使える
パーソナライゼーション機能6選

画像

こんにちは。
日本ライフレイ、マーケティングチームの吉永です。

技術者向けのテクニカルTips記事が多くなりがちな弊社ブログですが、
今回は、マーケターやサイト運営者の方々にも注目いただきたい、
Liferay DXPのパーソナライゼーション機能についてご紹介したいと思います。

※本記事は英語記事”Leveraging Liferay DXP for Personalization in Intranets”を翻訳したものです。 


イントラネットとパーソナライゼーション

近年のように、デジタル活用が当たり前な職場環境において、従業員にもパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することはかなり重要な意味を持ちます。ガートナー社の調査によると、「イントラネット改善に取り組むITリーダーたちは、イントラネットの失敗の最大の理由である「従業員の無関心」を強く意識しています。従業員は、イントラネットが自身のニーズを満たすように設計されていないために、意図的あるいは効率性を考えて、それらを使用しないのです。」従業員一人ひとりが持つ課題を、きちんと解決できるソリューションであれば、イントラネット利用ユーザーは増やすことができるのです。

たとえば、イントラネットや社内ポータルでのパーソナライズ化が実現すると、社内コミュニケーションに具体的なメリットをもたらし、重要な情報は、組織構造の複雑さと関係なく、従業員へしっかりと届くようになります。適切なパーソナライゼーションによって、従業員はより効率的に業務をこなすことができ、モチベーションと自信が向上します。企業側も、無関係な情報の整理に費やす時間が削減されるため、生産性が全体的に向上します。

イントラネットを導入する際、多くの企業が、プラットフォーム型ソリューションかイントラネットのみのソリューション、どちらを選ぶのが良いかという問題に直面します。後者の場合、仕様と機能がしっかりと決められたパッケージとして販売されているため、あらゆる種類のビジネスでも即座に利用開始できます。こうしたポイントソリューションは、サービス開始までの時間を短縮しますが、プラットフォーム型のソリューションは大規模または複雑な組織にとって重要な、非常に高い柔軟性と拡張性を提供します。例えば、デジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)は、従業員から取引先・パートナー、そして顧客に至るまで、あらゆる種類のオーディエンス向けにパーソナライズされた、オムニチャネルエクスペリエンスを提供するためのアーキテクチャを備えています。

Liferay DXPは、あらゆるチームにとって、最適なエクスペリエンスを実現するために、パーソナライズツールの組み合わせを提供しています。その中から、本ブログでは、6つの機能を紹介します。

1. 大規模企業、組織向け:ロールに基づくコンテンツ配信

Liferay DXPでは、複数の種類のユーザーが、単一のURLにアクセスした際、独自のページビューや、お知らせ、ブログ投稿、またはロールや組織に基づいたあらゆる種類のコンテンツを閲覧することができます。こうした権限は、ダッシュボードから、特定のウィジェットまで、非常に細かいレベルで設定することができます。この機能をつかうことで、大規模なチームや、非常に多くの部門を持つ大企業は、従業員にとってパーソナライズされたエクスペリエンスをより効率的に開発することができます。

ユーザごとに異なる通知が表示されている例

2. カスタムキャンペーンのオーディエンスターゲティング

この動的アプリケーションを使うと、プロファイル属性や閲覧したページなどの動的ユーザーセグメントに基づいて、カスタムキャンペーンを作成できます。たとえば、オーディエンスターゲティングを使用して、フランチャイズ店舗の所在地に基づいて、地域ごとに適したコンテンツを配信することができます。従業員がイントラネットにログインすると、彼らは、彼らの職場に関連する昇進の情報や新製品の情報を知ることができます。まったく別店舗にまつわるコンテンツによって、混乱することもありません。

Liferay DXPでは、オーディエンスターゲティングは簡単です。ユーザーセグメントを利用して、パーソナライズされたコンテンツと通知を配信します。

カスタムオーディエンスターゲティングの結果として、新しい採用担当者のみが右側に関連する通知を表示します。 

3. UIを効率化する、アクセスとパーミッション

イントラネットでよくある課題は、情報を簡単に見つけられないことです。いかなる情報も保存することは重要ですが、情報が多すぎると、従業員が実際に必要なコンテンツを見つけずらくなってしまいます。サイト管理者は、表示が必要なコンテンツ種類に応じて、従業員へアクセス権を付与できます。コンテンツリポジトリを簡素化し、イントラネットUIを合理化することで、従業員は自身の仕事に関連するコンテンツをより明確に把握できます。

Liferay DXPに含まれている非常にきめ細かい権限を活用してください。たとえば、ブログを作成、表示、編集できるユーザーを制御します。

4. コラボレーションを強化するチームサイトを作成

Liferay DXPには、サイト階層が組み込まれているため、部署やチーム、さらには個人でも、パブリックページとプライベートページを使って自分のサイトを作成することができます。アクセスを制御するために、管理者を各子サイトへ割り当てることもできます。これによって各チームは、他のチームに不要な情報を流すことなく、現在のプロジェクトの進捗や結果を確認できます。

Liferay DXPでは、ユーザーがサイトの階層を編集したり、子サイトを追加したり、これらのサイトのメンバーを管理したりできます。

5. 個人用: マイダッシュボード

各ユーザーは、業務で毎日使用しているアプリケーションを基にカスタマイズしたダッシュボードを持つことができます。ドラッグアンドドロップで、本当に自分のニーズに合うよう、ダッシュボードを簡単に最適化できます。

ユーザーは、見たいアプリケーションやコンテンツに基づいて自分のダッシュボードをカスタマイズできます。

6.トピックの購読

従業員は、購読の登録したトピックに基づいて、どの通知を受け取るかを制御することができます。Eメールやイントラネット経由のプッシュ通知など、どんなチャネルでもかまいません。ダイレクトな通知は、情報把握の時間を節約することができ、仕事を効率的にこなすために重要な情報に気づきやすくしてくれます。通知は、購読または非購読(オプトアウト)できるようになっており、従業員自身が、自分に最適なイントラネットエクスペリエンスを調整することができるのです。

ユーザーはどのトピックの通知を、どのように受け取るかを選択できます。

パーソナライズはどこまでやるべきか?

パーソナライゼーションの設定は、多くのリソースを費やす可能性があるため、イントラネットの生産性と効率を向上させる可能性に対して、常に考慮する必要があります。パーソナライゼーションは、会社の目的や要望によって異なります。はじめに、イントラネット管理者は、達成したい目標と結果を定義する必要があります。従業員の生産性を高めたいのか?あるいはもっとコラボレーションを生み出したいのか?その後、雇用主は実際のユーザー=従業員から、どのような機能があると嬉しいか、ニーズをヒアリングし、情報収集する必要があります。従業員が実際に望んでいる特定の体験こそ、パーソナライズするのが合理的です。既存のイントラネットは、どの部分で従業員の要望に応えられてないか、特定するのも手です。以上のような進め方は、パーソナライズされたデジタルワークプレイスを構築するにあたって、良い出発点となります。

日常業務を最適化し、イントラネットとのエンゲージメントを強化させるのか、あるいは、チームの目標に合わせてパーソナライズし、チームコラボレーションを向上させるか。いずれにせよ、これらカスタマイズされたエクスペリエンスを提供することでイントラネットの採用が促進されます。


  

御社の課題に合わせて、Liferay DXPでどういったイントラネットソリューションが構築可能か、ぜひ一度お問い合わせください。

イントラネットソリューションのデモ依頼はこちら

 

 

業界最高の評価

Gartner

Gartnerレポート:『リーダー』に位置づけ
ライフレイは9年連続で、Gartner社によるデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP )分野のマジック・クアドラントにおいて、リーダーに選出されました。

レポートの詳細、ダウンロード