名古屋大学

Liferayで構築した学内ポータルは、パーソナライゼーションが強化され、利便性が向上

文部科学大臣より指定国立大学法人に指定された名門大学、名古屋大学は、Liferayを用いて学内ポータルを構築。マルチデバイスや多言語に対応しただけでなく、ユーザーにパーソナライズされた情報提供を行えるようになるなど、利便性が大きく向上しています。
名古屋大学 Liferay導入事例

課題

  • モバイル対応が不十分であり、学生にとって使いづらいポータルとなっていた。
  • 検索機能がなく、継ぎ足し開発の影響から各種情報が整理整頓できておらず、目的の情報に辿り着くのが困難であった。
  • セキュリティアップデートやバージョンアップ時のエンジニア負担が大きかった。
  • 多言語対応が満足に行えず、多言語対応がしっかりしているポータルの導入が必要だった。

 

名古屋大学が、どのようにしてこれらの課題を解決し、コストを抑えつつ学内ポータルを構築したのか、詳細はPDF版をお読み下さい。


本フォームを送信することで、弊社のプライバシーポリシーに同意したものとします。弊社では、お預かりした個人情報の取扱いについて、厳格に管理し保護に努めてまいりますが、本フォーム送信前に プライバシーポリシーをご一読することをおすすめいたします。
特色
文部科学大臣より指定国立大学法人に指定された名門大学
日本
業種
教育
ユーザー数
20,000人
ソリューション
学内ポータル