Asset Publisher

null デジタル戦略とは?

用語解説

デジタル戦略とは?

デジタル戦略とは?

デジタル戦略とは、デジタルテクノロジーをビジネスモデルへ適用し、差別化された新しいビジネスを考えることです。将来、ほとんどのビジネス戦略は、デジタル戦略が含まれるものになると言えます。

進化する「ビジネス戦略」の定義

デジタル戦略は、テクノロジーを使ってビジネスパフォーマンスを向上させることに重点を置いており、それは新製品の開発あるいは既存プロセスの再構築のどちらであっても同じです。

そして、これは組織がテクノロジーによって新たに競争力を獲得するための方向性と、それに伴う変化を達成させる戦術を規定するものです。革新的な企業が、新技術を導入し、従来では不可能だった新しいサービスを提供可能にするような、ビジネスモデルの変革(デジタルトランスフォーメーション)もこれに当てはまります。

今日、テクノロジーはビジネスと密接に関わるものとなり、それはもはやハードウェアかソフトウェアかなどのレベル以上のものとなりました。デジタルテクノロジーの普及が更に進み、企業はデジタルトランスフォーメーションが推し進められるにつれて、デジタル戦略とビジネス戦略は同じ意味を持つようになるでしょう。

まだ今のところは、デジタル主軸の取り組みにフォーカスを当てる際に、「デジタル戦略」という言葉を用いることが一般的と言えます。

重要なのは、デジタル戦略とは「概念」と「事」の両方であるということを認識することです。つまり、デジタル戦略は、最終的には具体的な計画やロードマップ作成へとつながるものなのです。

決定した戦略を変更する間にも、デジタルが企業にとってどう影響すべきか、企業がしっかりと理解し、コミットしていくことが求められます。例えば、企業のデジタル戦略(最終目標)が、既にビジネスモデルが開発され、内部的にも活用されている、ベーシックで生産的なソフトウェアの収益化であるとします。まずは、モバイルアプリとしてパッケージ化して、個々のユーザーへ販売する戦略(計画)を立てるでしょう。ですが、後にそれを自社のモバイルアプリに組み込むために、企業向けへ販売した方が価値が高いことに気づきます。ここでは、企業の最終目標に変化はありませんが、計画は変化しました。

デジタル戦略の指針変更は、最終的に企業の大きな変化や方向転換へ繋がるべきですが、理想的には、具体的な手順は必要に応じて変換できるよう柔軟であると良いでしょう。

デジタルトランスフォーメーションにおけるデジタル戦略

デジタル戦略については、デジタルトランスフォーメーションと言い換えることもできます。この2つの用語は密接に関連していますが、対象スコープが少し異なります。デジタルトランスフォーメーションは、カスタマーエクスペリエンス、業務プロセス、ビジネスモデルの3つの領域での変化を主導します。デジタルトランスフォーメーションのプロセスは、組織全体の調整を必要とし、ビジネス文化の変革を伴います。

一方、デジタル戦略は、文化ではなくテクノロジーに焦点を当てています。デジタル戦略はビジネスモデル変革に最も深く関わり、テクノロジーを利用して、企業がデジタルビジネスを確立できるよう導きます。

戦略を設定することは、トランスフォーメーションのプロセスにおいて重要であり、最終的なビジネス目標を達成にはテクノロジーの導入が不可欠と認識されることが求められます。

デジタル戦略 vs IT戦略

アクセンチュア社によると、デジタル戦略は、テクノロジーを使って活動・ビジネスを変革する方法を模索するものであり、IT戦略とはテクノロジーを他のビジネスとは分離して変革することであるとされています。従来のIT戦略とは、既存のビジネスの方向性に基づいて、どのテクノロジーへ投資するか、を決定するプロセスでした。

一方、デジタル戦略では、顧客にとってより良いサービスを提供するために、変革が必要な活動とプロセスを検討します。そして、優れた体験を生み出すために必要な技術と戦略の、適切な組み合わせを模索するのです。デジタルリーダー企業は、このような戦略転換を実現することで、新しい競争力を獲得し、成長の機会を見出したのです。

デジタル戦略のデザイン

それでは、どのようにデジタル戦略をデザイン(構築)していけば良いのでしょうか。ハーバード・ビジネス・レビューによると、ただ「自分たちのデジタル戦略とは何か?」と尋ねるのではなく、以下の5つの質問を用い、デジタル技術に対する理解を深めることが効果的であると提案しています。

  1. デジタルテクノロジーは、あなたが取り組むべきビジネスを変えるか?
  2. デジタルテクノロジーは、あなたのビジネスに価値を加える方法を、どのように改善できるか?
  3. デジタルテクノロジーは、あなたの顧客ターゲットを変えるか?
  4. デジタルテクノロジーは、顧客への価値提案に影響を及ぼすか?
  5. デジタルテクノロジーは、競合他社と差別化するために企業をどのように強化できるか?

いくつかの企業、特に、既に新しいデジタル企業参入による混乱や競争を経験している企業にとって、これらの質問には明らかな回答があるでしょう。

重要なのは、デジタルがどのようにあなた(とビジネス)を変化させるかを認識し、その理解を幅広い業界トレンドのものから、実際の戦略の基礎を成す特定の価値へと洗練させることです。

会社の目的(ミッション)を明確に理解することから始めることができれば、新たな競争力の獲得につながらないようなテクノロジーの導入や実装に、無駄な時間とリソースを割く手間を省くことができるでしょう。

デジタル戦略の共通要素

・適任リーダーを選ぶ 
これは間違いなく、デジタル戦略を練る上で最も重要な部分ですが、適切な人材を選ぶことは企業の文化、構造、そして優先順位に依存します。企業が最高経営責任者(CEO)または最高デジタル責任者(CDO)にリーダーシップを置くかどうかにかかわらず、このリーダーは、デジタル戦略のスコープに見合う影響力を持つ必要があります。そうでない限り、効果的な戦略を施行するために必要な各部門からの完全な賛同を得ることが困難になるでしょう。

・攻撃と守備 
McKinsey&Companyは、企業がデジタルビジネスにおける自社の潜在的な脅威と機会を分類し、それらを自社の目的と比較することが効果的であると強調しています。このプロセスにより、新たな取り組みを導くにあたって、積極的な態勢あるいは守備的姿勢どちらが適しているかが明確になります。

・測定アプローチをとる 
デジタル戦略には、新しいテクノロジーが既存ビジネスを本当に補完するか、あるいは成長させるかを評価するプロセスが組み込まれていることがよくあります。あなたが、既に自社はデジタル化が遅れてしまっていると懸念している場合、現状戦略にデジタルがどのように適合するか確かめずに、プロジェクト開始へ早まってしまうこともあるでしょう。測定アプローチを取ることで、ビジネスのニーズや優先順位に合わない発案に無駄なリソース割いてしまう事態を避けることができます。

・未来の見据える 
デジタルトランスフォーメーションの最終ゴールは、デジタルビジネスにおける適切な基盤を構築することです。これは日々進化するテクノジーや顧客の期待に追いつき、必要に応じて、自らを改革し続けることができる組織体制を作り出すことを意味します。デジタル戦略には、デジタル経済の変化の中で、ビジネスにエッジをもたらし続けながら、企業を引率できるような先見性が求められます。

導入事例・資料

Asset Publisher

シェアする

Upgrade - jp common footer contact or demo