Liferayが顧客エンゲージメント機能をリリース - Japan

null Liferayが顧客エンゲージメント機能をリリース

Liferayが顧客エンゲージメント機能をリリース

新しくリリースされたオーディエンス・ターゲティングアプリが可能にする、
パーソナライズされたユーザ体験により、エンタープライズポータルプロバイダとして更なる革新を遂げる

日本ライフレイ株式会社

米国カリフォニア州ロサンゼルス – 2015年1月6日発表-エンタープライズ向けオープンソースポータルベンダーであるLiferay Inc.は、LIFERAY PORTAL向けオーディエンス・ターゲティングアプリのリリースを発表しました。このアプリによって、サイトを訪れた個々のビジターにとって興味のある適切なコンテンツを適切なタイミングで表示し、パーソナライズされたWeb体験を提供できるようになります。

サイトのビジターにどのように興味を持ってもらい価値のあるコンテンツを提供できるかは、今日のビジネスにおける継続的な挑戦の一つです。 オーディエンス・ターゲティングアプリにより、顧客やパートナー、社員と、より確実な関係を築くことができるようになります。 Liferay Marketplaceから入手できるこのアプリは、サイトにおけるユーザの行動、年齢や性別などのユーザ情報、ソーシャルメディア属性などをベースに、ユーザにあったコンテンツを表示できる機能を提供します。また、マーケティング部門などでは特定のユーザに向けたキャンペーンの作成、ユーザの追跡、そしてキャンペーン効果のレポート作成などが行えます。

Liferayの製品開発統括責任者であるエドウィン・チャングは次のように述べています。「オーディエンス・エンゲージメントを正しく行なうと、次の3つの疑問を解決できます。誰がターゲットか、その人にとってどの情報が重要か、選択したコンテンツをどのようにサイトに表示すべきか。ターゲットが顧客、パートナー、または社内の人間であったとしても、自分が必要とするパーソナライズされたコンテンツが表示されることが当然のこととして期待されるようになってきています。Liferayではこのような要求に応えるためにオーディエンス・エンゲージメントとコンテンツ・ターゲティングのソリューションを進化させ、どのデバイスからアクセスしても、優れたユーザ体験を提供できるツールを提供していきます。」

ポータルソリューションとして、LIFERAYのユニークな特徴の一つは、顧客獲得からカスタマーサービスまで、顧客ライフサイクルのすべてのフェーズで利用できることです。LIFERAYはデバイスに関係なく顧客とやり取りでき、分散したバックエンドシステムから顧客ニーズを包括的に確認できます。Webコンテンツ管理(WCM)ベンダーなどが提供しているエンゲージメント・ソリューションの多くは見込み客獲得だけにフォーカスしており、顧客ライフサイクルの一部にしか適応できていません。

LIFERAY PORTALにおいてどのようにオーディエンスと関係を築くか、詳細はhttps://www.liferay.com/en/engageをご確認ください。

オーディエンス・ターゲティングアプリの詳細に関しては、ブログのポスト(英語)をご覧ください。

ライフレイについて

Liferayは、Web、モバイル、その他あらゆるデバイスを通したデジタル体験を創造するソフトウェアを提供しています。Liferayのプラットフォームはオープンソースがもたらす革新性と合わせ、高い信頼性とセキュリティを兼ね備えています。我々は、ビジネスとテクノロジーによって、世界に優れた足跡を残すことを目指し日々活動しています。Liferayは、金融サービス、医療、政府機関、保険、小売、製造業および、その他の複数の業界で何百もの組織に導入されています。詳細はliferay.comをご覧ください。

本リリースに関するお問い合わせ

日本ライフレイ株式会社 Rebecca Cho