ユーザエクスペリエンスプラットフォーム(UXP)とは - ユーザエクスペリエンスプラットフォーム(UXP)とは - Japan

null ユーザエクスペリエンスプラットフォーム(UXP)とは
by Maho Yoshinaga

ユーザエクスペリエンスプラットフォーム
(UXP)とは?

画像

ユーザエクスペリエンスプラットフォーム(UXP) は、ビジネスのコアテクノロジーを1つのプラットフォーム上で標準化する、エンタープライズソフトウェアのカテゴリのことです。最近では、UXPという用語は デジタルエクスペリエンスプラットフォームに置き換えられました。両用語とも、企業が優れたユーザーエクスペリエンスを創造するための”インテグレーション”を実現するソフトウェアを表しています。

UXPは、元ポータル


「ユーザーエクスペリエンスプラットフォーム」という用語は、ガートナーによって広く普及し、しばしばWebポータル テクノロジで開発されたプラットフォームと関連付けられていました。2011年、UXPは、エンタープライズポータルが常に約束してきた詳細なパーソナライゼーションとインテグレーションを実現する機能の両方を備えた、次世代ポータルとして捉えられるようになりました。UXPは、エンタープライズ規模のビジネスに必要な多くのテクノロジーを、1つのコアプラットフォームに統合することで、この次世代ポータルを実現するだろうとアナリストらは予測しました。

今日、この用語はデジタルエクスペリエンスプラットフォームに置き換えられ、DXPでは、 デジタルトランスフォーメーションを達成するために、より幅広いテクノロジーが網羅されています。2つの用語の間には、異なるニュアンスがあるとも言われていますが、この2つのソフトウェアは同様の方法で、同じ目標を達成するためのものと言えます:それは、デジタルビジネスがより優れたユーザーエクスペリエンスを提供できるよう、1つの中央プラットフォームから複数のテクノロジの強みを活用できるようにすることです。

Digital Experience Platforms are the convergence of the CMS and Portal categories.

 

 

業界最高の評価

Gartner

Gartnerレポート:『リーダー』に位置づけ
ライフレイは9年連続で、Gartner社によるデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP )分野のマジック・クアドラントにおいて、リーダーに選出されました。

レポートの詳細、ダウンロード