Liferay DXP 7.2 Service Pack 1の新機能と改善点 - Liferay DXP 7.2 Service Pack 1の新機能と改善点 - Japan

null Liferay DXP 7.2 Service Pack 1の新機能と改善点

by Yasuyuki Takeo

Liferay DXP 7.2 Service Pack 1の新機能と改善点

画像

こんにちは。
日本ライフレイ、デベロッパーアドボケイトの竹生(たけお)です。

英語版が公開されたLiferay DXP 7.2のサービスパック1では、LiferayはWebエクスペリエンス管理、検索設定、コラボレーション、およびワークフローを改善して、ユーザーエクスペリエンスを向上させました。ただしこれらの機能はデフォルトで無効になっています。 これら機能を有効にするには公式ドキュメントを参照してください。

Webエクスペリエンス管理


A / Bテスト

コンテンツページでA / Bテストが利用できるようになりました。テストは、ターゲット要素と直帰率のクリックに対して適用できます。LiferayのA / Bテストではベイジアン統計を活用し、変数のリフト推定値を特定できるため、より多くの情報に基づいた意思決定を行うことができます。

A/Bテストを有効にするには、Liferay DXPとLiferay Analytics Cloudが接続されている必要があります。Liferay Analytics Cloudを契約されていない組織の方も、無料アカウントを使用できます。


推奨コンテンツ

推奨コンテンツ機能により、顧客はLiferay Analytics Cloudで生成された関心モデルを活用して、Liferay DXPのコンテンツを推奨できます。このオプションはコンテンツセットから利用でき、関心キーワードに基づいてコンテンツのフィルタリングを自動的に開始します。

Liferay Analytics CloudはAIを使用してトピックをクラスター化し、既知および未知の訪問者に対する長期的な関心をモデル化します。キーワードは、コンテンツのカテゴリ、タグ、およびキーワードから取得されます。この機能を使用するには、Liferay DXPをLiferay Analytics Cloudに接続する必要があります。 A / Bテストと同様に、無料アカウントを利用できます。


ページ作成コメント

コンテンツページの作成中に、コメントを追加する新しい機能により、ページ作成者間のコラボレーションを強化します。作成者がページを確認し、ページのコンテキストにコメントを残すことを許可します。


ページフラグメント

ページフラグメントは、グローバルリポジトリで作成することにより、サイト間で共有できるようになりました。

システム設定内で、フラグメントの自動伝播を有効にする新しい構成オプションが利用可能になりました。アクティブな場合、ページフラグメントへの変更は、フラグメントを使用するすべてのページに自動的に適用されます。

すぐに使用できる基本コンポーネントおよびその他のフラグメントは、構成オプションを提供するようになり、より多くのページタイプで汎用性が高く便利なものになりました。これらの構成オプション用のAPIも提供されているため、フラグメント開発者は独自のカスタムフラグメントでそれらを活用できます。

Liferay DXPの既存のセットに、すぐに使える2つの新しいフラグメントが追加されました。これらのフラグメントは、ビデオをページに簡単に表示する方法と、HTMLコード表示の柔軟性を提供します。新しいフラグメントに表示されるビデオは、ドキュメントとメディアにアップロードするか、YouTubeで公開できます。 HTMLフラグメントは、表示用にHTMLを作成(または貼り付け)できる上級ユーザーに最大限の柔軟性を与えるために作成されました。

サイト内のフラグメントを管理ですが、開発者はLiferayが提供するデフォルトのフラグメントも表示でき、変更が必要な場合はフラグメントのコピーを別のコレクションに作成できます。


フラグメントツールキットの改善

Web開発者がカスタムフラグメントを開発できるFragment Toolkitには、Liferayインスタンスにインポートする前に、フラグメントの変更をローカルでプレビューできる新しいコマンドpreviewが含まれています。


多言語サイトの正規URL

多言語サイトの場合、各言語の正規URLを有効にし、ページごとに使用される正規URLをカスタマイズできるようになりました。

デジタル資産管理


Office 365の統合

Office 365との統合により、ドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートを、Liferay DXPのドキュメントリポジトリに保存したり、Officeドキュメントの作成と編集が可能になります。この機能は、Liferay DXP 7.2にすでに含まれている既存の権限システム、バージョン管理機能、共有機能を利用できます。

コラボレーション


Wikiの改善

壊れたリンクを簡単に識別できるように、Wikiウィジェットが改善されました。これらは、Wikiページで強調表示され、どのページを作成または変更する必要があるかが示されます。


検索

Liferay Enterprise Search:新しい機能は、第4四半期の初めにLiferayヘルプセンターから提供されます。


結果ランキング

Liferay DXPの検索関連性機能が、新しい検索調整機能で強化されます。結果ランキング機能を使用すると、特定の結果をピン留め、および順序付けしてカスタムランク設定を行うことができ、価値の高い結果を上位に表示させられると同時に、無関係な結果を排除することも可能です。管理者はエイリアスを指定して、クエリに同じカスタマイズを適用することもできます。


同義語(シノニム)

シノニムセットは、検索インデックス全体で同様の意味を持つクエリを関連付けます。これにより、頻繁に変更が必要なクエリの同義語セットを定義しやすくなりました。

本記事は以上です。
いかがでしたでしょうか?

記事に関するご意見、ご感想などございましたら、お気軽に[email protected]までご連絡ください。


■ Liferay Japan User Groupスラックを開設しました。製品に関する質問、設計に関する疑問などでもこちらにポストしてください!
https://liferay-community.slack.com/messages/C7P2GV5RA

■ これまで発信してきた日本語による技術コンテンツを、Qiitaでお読みいただけます。よろしければそちらの記事も合わせてご役立てください。
https://qiita.com/yasuflatland-lf

Doorkeeperのライフレイコミュニティメンバー大歓迎!
コーポレートブログの技術コンテンツ更新情報など定期的におとどけしています。
https://liferay.doorkeeper.jp/

 

業界最高の評価

Gartner

Gartnerレポート:『リーダー』に位置づけ
ライフレイは9年連続で、Gartner社によるデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP )分野のマジック・クアドラントにおいて、リーダーに選出されました。

レポートの詳細、ダウンロード