Liferay DXP 7.2とOffice365との統合 - Liferay DXP 7.2とOffice365との統合 - Japan

null Liferay DXP 7.2とOffice365との統合

by Yasuyuki Takeo

Liferay DXP 7.2とOffice365との統合

画像

こんにちは。
日本ライフレイ、デベロッパーアドボカシーの竹生(たけお)です。

みなさん、こんにちは。Liferay7.2 DXPでは、ドキュメントとメディア機能上で、Googleドキュメントとの統合(作成と編集)が導入されましたが、Office365についてもユーザーから多くのリクエストがありました。

Service Packe 1にはOffice365との統合が含まれているため、ユーザーはMicrosoftスイートを使用してLiferayに保存されたドキュメントを作成および編集できます。
 

機能の説明


こんにちは。
日本ライフレイ、デベロッパーアドボケイトの竹生(たけお)です。

みなさん、こんにちは。Liferay7.2 DXPでは、ドキュメントとメディア機能上で、Googleドキュメントとの統合(作成と編集)が導入されましたが、Office365についてもユーザーから多くのリクエストがありました。

Service Packe 1にはOffice365との統合が含まれているため、ユーザーはMicrosoftスイートを使用してLiferayに保存されたドキュメントを作成および編集できます。


    O365との統合を実装し、ツールを使用してテキストドキュメント、プレゼンテーション、スプレッドシートを作成および編集しました。これはDXPのみの機能です。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 統合機能を設定後、ユーザーが初めてO365ツールを使用してドキュメントを作成または編集しようとすると、使用するO365アカウントを選択するためのO365モーダルが表示されます。

  • ユーザーがO365でドキュメントを作成または編集しようとすると、次のプロセスが実行されます。
    • 新しいドキュメントの場合、ドキュメント名を作成するモーダルが表示されます。
    • ドキュメントを確認し、ユーザーをO365アカウントにリダイレクトします。これにより、ドキュメントのコピーが、Liferay上のドキュメントとメディアリポジトリにアップロードされます。
    • ユーザーがすべての変更を完了したら、O365タブを閉じることができます。
    • Liferayに戻ったら、ドキュメントをチェックインして最新の変更を保存(または破棄)し、O365リポジトリからコピーを削除する必要があります。
  • この統合は自動タグ付与(有効な場合)と連携するため、ドキュメントが作成されてチェックインされると、自動タグ付与プロセスが開始されます。
  • ユーザーは、使用するアカウントを変更できるように、O365に付与された権限を取り消すことができます。

本記事は以上です。いかがでしたでしょうか?

記事に関するご意見、ご感想などございましたら、お気軽に[email protected]までご連絡ください。


■ Liferay Japan User Groupスラックを開設しました。製品に関する質問、設計に関する疑問などでもこちらにポストしてください!
https://liferay-community.slack.com/messages/C7P2GV5RA

■ これまで発信してきた日本語による技術コンテンツを、Qiitaでお読みいただけます。よろしければそちらの記事も合わせてご役立てください。
https://qiita.com/yasuflatland-lf

Doorkeeperのライフレイコミュニティメンバー大歓迎!
コーポレートブログの技術コンテンツ更新情報など定期的におとどけしています。
https://liferay.doorkeeper.jp/

業界最高の評価

Gartner

Gartnerレポート:『リーダー』に位置づけ
ライフレイは9年連続で、Gartner社によるデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP )分野のマジック・クアドラントにおいて、リーダーに選出されました。

レポートの詳細、ダウンロード