デジタルトランスフォーメーション(DX)における日本企業と海外企業の違いとは - Japan

null デジタルトランスフォーメーション(DX)における日本企業と海外企業の違いとは
by Yoshikazu Shimizu

デジタルトランスフォーメーション(DX)における日本企業と海外企業の違いとは

画像

日本はDX後進国であるとよく耳にしますが、海外企業との違いは、日本企業のDXやITへの『意識の差』であることが分かりました。

これまでの記事にて、デジタルトランスフォーメーション(DX)の解説DXの成功事例をご紹介してきましたが、実際には多くの日本企業が、DXの戦略立案フェーズで苦戦しており、DXの成熟度において40以上の国の中で日本は最下位であるとの調査結果も発表されています[1]。

本記事では、海外企業のDXへの取り組み状況や、日本企業との『意識』の違いについて考察します。

こんな方にオススメの記事です。


  • DXについて興味がある
  • DXを検討している
  • DXのメリットがいまいちわからない
  • 他社・他国がどのようにDXに取り組んでいるか知りたい

関連する記事:
デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?わかりやすく解説
デジタルトランスフォーメーション(DX)への企業の取り組みや成功事例から見るそのメリットとは
デジタルトランスフォーメーション(DX)における課題とレガシーシステムの存在

日本企業と海外企業のDXへの取り組み状況

現在、世界の多くの企業がDXに取り組みはじめており、2018年現在、DXに全く取り組んでいない企業の割合は、2016年の15%から6%減少し、わずか9%となりました。DXに取り組んでいる企業も、企業全体で取り組んでいる企業は多くありません。しかしながら、世界の企業の約80%は、企業全体でDXを取り組むべきだという認識をしています[1]。

デジタルトランスフォーメーション(DX)への企業の取り組みや成功事例から見るそのメリットとは」でも紹介したように、多くの日本企業もDXに取り組んでいる、または取り組み始めていますが、DXを進めるにあたって、優先事項やIT予算に対する意識がグローバル企業と大きく乖離していることが明らかになりました。

海外企業と大きく異る日本企業のDXやITへの『意識』

                                出典:ZDNet Japan

グローバル企業では、主に製品開発や顧客体験の向上といった分野が注力されている一方、多くの日本企業は「データの資本化、収益化」に注力しています。また、サプライチェーンや製品・サービスを用いた顧客体験の向上には、日本企業のうち約3割の企業しか力を入れていません[2]。

IT投資への考え方に関しても、大きな違いが見られます。例えば、2014年に行われた米国企業との比較調査では、ITに対する投資姿勢を「極めて重要」と考えている米国企業が75.3%だったのに対し、日本企業はわずか15.7%でした。さらに、IT投資の予算増減見通しに関して米国企業の80%が増やす意向だったのに対し、日本企業では40%に留まっていました。

予算増額理由においても、米国企業側は「製品・サービス開発」や「ビジネスモデル変革」が多数を占めた一方、日本企業は「業務効率化」や「コスト削減」が主な理由でした。デジタル業界のグローバル企業で、DXに業務効率化やコスト削減といった効果を期待しているのは、わずか3%しかいないという結果もでていますこうした点でも、日本企業と海外企業では大きな意識の違いがあることが分かります[3][4]。

また、グローバル企業の多くがDX推進の上で顧客体験に注力しており、「デジタルトランスフォーメーション(DX)とは?わかりやすく解説」で紹介した通り、DXで顧客中心主義を推進すれば、競合優位性を得れると考えられています。

上記を踏まえると、日本がDXへの成熟度で最下位に沈んでしまっている理由としては、ITへの投資自体が優先されておらず、投資先も顧客体験に関することではないため、ということが言えるのではないでしょうか。

企業のDXを支援するLiferay DXP

弊社製品 Liferay DXP(デジタルエクスペリエンスプラットフォーム) では、顧客にデジタル体験を与えるカスタマーポータルやパートナーポータルを構築することができます。『顧客中心主義』のDXを推進させたい企業にとって、最適な環境及びソリューションを提供するソフトウェアです。ガートナー社によるマジック・クアドラントレポートでは、9年連続で「リーダー」企業として選出されており、世界中の様々な業界の企業に導入いただいています。

Liferay DXPの詳細はこちら、導入事例一覧はこちらよりご覧頂けます。

参照文献

[1]Intel, “Dell Technologies Digital Transformation Index II” https://www.dellemc.com/resources/en-us/asset/briefs-handouts/solutions/dt_index_ii_executive_summary.pdf 
[2]ZDNet Japan, “国内企業のデジタル変革、9割以上が企業戦略との連携で実施--IDC調査”
https://japan.zdnet.com/article/35124765/ 
[3]IT media, ”「デジタルトランスフォーメーションへの挑戦」に向けて日本企業が考えたいこと” https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1904/24/news024_2.html 
[4]KPMG, “No normal is the new normal” https://assets.kpmg/content/dam/kpmg/xx/pdf/2018/06/no-normal-is-the-new-normal.pdf 

業界最高の評価

Gartner

Gartnerレポート:『リーダー』に位置づけ
ライフレイは9年連続で、Gartner社によるデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP )分野のマジック・クアドラントにおいて、リーダーに選出されました。

レポートの詳細、ダウンロード