Asset Publisher

null ライフレイは、2021年のガートナー社 DXP分野のクリティカル・ケイパビリティにおける、B2B、B2Eのユースケースにて最高スコアを獲得しました

プレス

ライフレイは、2021年のガートナー社 DXP分野のクリティカル・ケイパビリティにおける、B2B、B2Eのユースケースにて最高スコアを獲得しました

ライフレイは、ガートナー社のデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)分野についての2021年クリティカル・ケイパビリティにおける、B2B、B2Eユースケースにて最高スコアを獲得しました。

ガートナー社は、クリティカル・ケイパビリティ・レポートについて、「競合する製品/サービスを、ガートナー社が特定した重要な差別化要素に照らし合わせて評価する比較分析です。多様なユースケースに最適な製品/サービスをお客様に提示して、ベンダーを絞り込む際に検討すべき製品/サービスについて実用的なアドバイスを提供」するものと定義しています。DXP分野におけるクリティカル・ケイパビリティ・レポートでは、B2C(Business to Consumer)、B2B(Business to Business)、B2E(Business to Employee)といった3つの主要なユースケースにわたって、デジタルエクスペリエンス領域を分析しています。

そのB2BおよびB2Eにて、評価対象とされたベンダーのうち、ライフレイが最高スコアを獲得しました。また、ライフレイは、11回連続でガートナー社 DXP分野のマジック・クアドラントにおけるリーダーの1社としても位置付けされています。このような栄誉を獲得できたのは、世界中の企業が複雑なビジネスの課題を解決できるよう支援するというライフレイのコミットメントによるものと確信しています。 

詳細はこちらよりご確認下さい。

 

ガートナー “Critical Capabilities for Digital Experience Platforms”、執筆者:Irina Guseva, Mick MacComascaigh, Mike Lowndes, 26th January 2021.

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価やその他の地位を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

本リリースに関するお問い合わせ

日本ライフレイ株式会社 マーケティングチーム