ドミノ・ピザ Domino's |ライフレイ導入事例 - ドミノ・ピザ Domino's |ライフレイ導入事例 - Japan

null ドミノ・ピザ Domino's |ライフレイ導入事例

Domino's

ドミノ・ピザのイントラネットを通じた働き方改革

世界80カ国で店舗を展開するドミノ・ピザは、フランチャイズメンバーと社員、そしてアルバイトスタッフの間に生じている、コミュニケーションギャップの課題をLiferay導入により解決しました。

Domino's Liferay導入例
dlive.dominos.com

課題背景

  • 本社メンバーとフランチャイズシステム及びその社員間のコミュニケーションギャップ
  • 役割と地域を跨いだチーム間の繋がり、コラボレーションの不足
  • さまざまなソフトウェアソリューション導入によるコスト圧迫

導入効果

2倍のサイトトラフィック
週に約20,000人のアクティブユーザーを記録
多方向コミュニケーション
会社、従業員、フランチャイジーを巻き込んだプラットフォームの構築
企業文化変革
メンバー同士のコラボレーションが活発化し、企業文化に大きな変革
シングルハブ
組織をすべてのレベルで繋げるハブ的役割

役割と国境を跨ぐ、社内コミュニケーションの課題を解決したい

ドミノは、企業のチームメンバーからフランチャジー、一日のデリバリが総計1,000万マイル以上に渡る配達スタッフまで様々な「動くパーツ」で出来ています。グローバルビジネスとしては強みとなるこのモデルですが、同時に内部コミュニケーションの円滑化は、彼らにとって常に課題でした。

企業のチームメンバーは、フランチャイズ加盟店と店舗スタッフのコミュニケーション手順が煩雑なせいで、認識齟齬が頻繁に発生していることを課題に感じていました。例えば、「クーポン情報の更新」という情報も、全てのフランチャイズメンバーたちが通知メールをしっかりチェックしているか、あるいは別方法で確認しているのか、不透明であることが多く、大事な情報が見逃されている可能性を常に抱えていたのです。

ドミノはまず、Liferayを使って低コストにオンラインマニュアルポータルを構築。そしてこの一部署向けポータルをベースに、イントラネットとして必要な機能全てを追加開発し、ユーザーが必要な社内情報すべてにワンストップでアクセスできる、プラットフォームへと進化させました。

彼らが構築したlive.dominos.comは、お知らせの更新や、クイックリンク、部署別のホームページを簡単に作成できる機能などが備わった、会社にとって初めての一貫したイントラネットでした。

続きはPDF版にてご覧いただけます。

特色
世界的なブランドであり、ピザ配送やオーダーメイドのピザサービスにおいて世界的なリーダー的存在であるドミノ・ピザ。1960年にミシガン州イプシランティのたった1つのピザレストランから始まったドミノ・ピザは、現在80ヶ国で 12,100以上の店舗を展開しています。
アメリカ
業種
飲食・サービス(フランチャイズ)
企業規模
10万人以上
ソリューション
イントラネット(デジタルワークプレイス)

業界最高の評価

Gartner

Gartnerレポート:『リーダー』に位置づけ
ライフレイは9年連続で、Gartner社によるデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP )分野のマジック・クアドラントにおいて、リーダーに選出されました。

レポートの詳細、ダウンロード