Asset Publisher

null ポータルプラットフォームを使用すべき3つの理由

ポータル

ポータルプラットフォームを使用すべき3つの理由

ポータルプラットフォームは、社内に溢れ返るシステムを統合し、ユーザーによる自由なウェブサイト構築やコンテンツ編集を可能にする基盤です。本記事では、ポータルプラットフォームが解決する3つの課題について、導入事例を交えながら紹介します。

はじめに

ポータルは、社内ポータルや学内ポータル、ディーラーポータル、行政ポータルなどとして、多くの業界で長年に渡って使われています。しかし、技術の進歩とともに、ポータルはコンテンツを見やすくするための解決法という役割から、優れたカスタマーエクスペリエンスの提供をサポートする、ポータルプラットフォームへと進化を遂げました(※)。

本記事では、そのポータルプラットフォームを使用すべき3つの理由を紹介します。

ポータル(ポータルサイト)とは?

ポータルプラットフォームは長期活用を前提にデザインされている

ほとんどの企業は、数年後のテックスタックの変化を考慮することなく、その場のプロジェクトを進めるために必要なものに基づいてソリューションの購入を行っています。これが、多くの企業がサイロの課題を抱えている理由です。プロジェクトごとにソフトウェアを購入する習慣が身に付いていると、数年後には組織全体で管理が不可能な量の製品が使用されていることになります。

この現象は、それぞれが独立して運営する必要のある、多様なチームを持つ大企業にとっては避けられないもののように思われます。このように、サイロ化されたシステムの問題を解決するのに適しているのが、さまざまなツールを統合することに強みを持つポータルプラットフォームです。デジタルトランスフォーメーションに取り組み中の企業は、すぐに利用できる機能が豊富なポータルプラットフォームを、サイトの構築やアプリの作成に利用することで、機能開発時間を大幅に短縮することができます。

ここでは、ポータルプラットフォームの導入が実現する3つのことを紹介します。

① システムを統合できる

ポータルプラットフォームを導入すれば、もうソリューションシステムを購入しすぎてしまうことはありません。ポータル上で異なるシステムを統合することもでき、システム同士を再設計して新しくプラットフォームに組み込むこともできます。そのため、新しいツールやシステムを導入する際も、ポータルプラットフォームに組み込ませる形での導入が可能となります。

さらに、モジュールアーキテクチャを使用しているポータルプラットフォームでは、既存のビジネスプロセスに影響を与えることなく、一部のビジネスプロセスのみを容易に変更することができます。この特性は、ほとんどのデジタルトランスフォーメーションイニシアチブに不可欠であり、企業が組織内の変革のペースを把握し、コントロールすることを助ける役割も果たします。
ポータルプラットフォームのイメージ

 

② 多くの様々なオーディエンスに対応

ポータルプラットフォームは、多様なオーディエンスに様々なコンテンツとサービスを提供できるように作られています。今日、多くのサイトでは基本的なコンテンツターゲティングやコンテキストツールが使用されていますが、多くの場合、男性用のシャツの広告と女性用のシャツの広告を入れ替えるだけのような、簡単なものです。

多様なオーディエンスを持つ企業(例えば銀行やスーパーマーケット)の場合、ポータルプラットフォームは、同一のプラットフォーム上で各セグメントに合ったサイトを作成できます。 ユーザーには、自分に関係のあるものだけが表示されるため、エクスペリエンスが向上するだけでなく、管理側の負担も減ります。

③ ユーザー自身がサイトを構築できる

メインサイトのコントロール下において、カスタマイズ可能なサブサイトを必要とするユーザーは、高度なサイトテンプレートを使用することで作業をはるかに簡素化できます。

例えば、NASAがスポンサーのGLOBEプログラムという、生徒が地球科学を学べるオンライン教育プログラムでは、世界中の教師がglobe.govで独自のサイトを作成することができます。GLOBEが、ポータルプラットフォーム上でサイトテンプレートを作成・運用したことにより、すべての独自サイトが同じコア機能を備え、学生にとって便利な学習環境が提供されました。また、GLOBEにとっても収集したデータを管理しやすくなり、教師はサイト管理に手間をかける必要がなくなりました。

GLOBEプログラムによるポータルプラットフォーム使用例

 

現在ではなく、未来のためのプラットフォーム

企業が、複雑なマニュアルプロセスを最新のデジタルソリューションに移行する際には、従業員がイノベーションに取り組む時間が確保できるように、単純なタスクの自動化を実現するポータルプラットフォームへの移行も検討する必要があります。

一部のデジタルリーダーは、イノベーションをIT戦略に組み込むことでこれに対処しています。、彼らは、ソリューションを一部に組み込むだけでなく、標準化を可能にするフレームワークの作成に注力しているため、機能追加や新たなWebサイトの構築時も対応できます。この戦略により、開発者は基盤を何度も構築する必要がなくなり、真のビジネス価値を提供するコンポーネントの開発のみに集中することができます。 このような戦略は、多くのデジタルイニシアチブのバックボーンとして働き、それをサポートできる信頼性の高いプラットフォームを持つことが鍵となっています。

導入事例・資料

Asset Publisher

シェアする

Upgrade - jp common footer contact or demo