デジタルトランスフォーメーション(DX)における課題とレガシーシステムの存在 - Japan

null デジタルトランスフォーメーション(DX)における課題とレガシーシステムの存在

by Yoshikazu Shimizu

デジタルトランスフォーメーション(DX)における課題とレガシーシステムの存在

画像

国内外の企業が抱えるDXの課題の多くが、ROIの不透明さやレガシーシステムの存在であると言われています。これらの課題を解決するにはどうすればいいのでしょうか。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の成功事例からみるそのメリットとは」にてDXのメリットをご紹介しましたが、一方で多くの企業が、DX戦略やビジョンの策定に苦戦しています。本記事では、国内外の企業が抱えるDXにおける課題と、その解決案についてご紹介します。

関連する記事:
デジタルトランスフォーメーション(DX)の成功事例からみるそのメリットとは
デジタルトランスフォーメーション(DX)とは? わかりやすく解説
デジタルトランスフォーメーション(DX)における日本企業と海外企業の取り組み方とは

DXにおける課題トップ3とは?


グローバルでは、9割以上の企業がDXに取り組んでおり[1]、日本国内でも多くの企業が取り組みを始めています。しかしながら、世界4大会計事務所のKPMG社によると、DXに取り組む企業は様々な課題を抱えており、DXの足かせになっている課題トップ3は「ROIの不透明さ」、「予算不足」、そして「レガシーシステム」となっています[2]。これらの課題は相互関係もあり、例えばレガシーシステムを抱える企業にとっては、DXを推進するために必要なレガシーシステムのリプレイスや、新たなシステムとの連携は莫大なコストがかかり、さらにROIが不透明のため、なかなかDXを進めることができない、ということが言えるでしょう。

 

レガシーシステムが足かせとなっている日本企業

DXに取り組む企業だけでなく、DXへの取り組みを全く行っていない企業の多くも、「ROIの不透明さ」が取り組まない理由になっています[2]。また、日本国内でも「ROIの不透明さ」は課題となっているものの、多くの企業が抱える「レガシーシステム」が更に大きな課題となっており、レガシーシステムがDXの足かせだと考える企業は、約70%にも上ります[3]。

さらに、全日本企業のIT関連予算のうち、約8割が現行ビジネスの維持・運営に割り当てられており、予算の9割を現行ビジネスに割いている企業も、40%程度いるとされています。そのため、そもそもDXに割く予算が足りないという企業も多数いるのが現状です[3]。

グローバルでみても、レガシーシステムの存在はDXの弊害となっており、IT予算のうち60−80%がレガシーシステムの運用・維持費用に使われていると言われています[4]。しかし、それを課題と考えている企業は、日本企業より30%程度少ないことが、上記の図より分かります。

DXにおけるROIの不透明さは当然?

ROIの不透明さに関しては、こちらのブログ記事にて紹介している通り、DXの成果は短期間で得にくい傾向にあり、そもそもDXにおけるROIの算出自体も非常に難しいタスクです。そのため、DXのROIに関しては、プロジェクトレベルで見るのではなく、投資家やベンチャーキャピタルのようにポートフォリオ化し、広い視点から測るべきだと言われています[5]。この考え方はDXにおいてとても大切で、DXは企業全体で行われるため、一部のプロジェクトで上手くいっていなかったとしても、他のプロジェクトで順調であれば、全体的には成功していると言うことができるでしょう。

また、コンサルティング会社のエベレスト・グループによると、DX推進プロジェクトのいくつかがハイリスクでない場合、企業が生まれ変わることは難しいと言います[5]。また、もし全てのプロジェクトが順調に進んでいた場合、多くの費用がかかるにも関わらず、破壊的イノベーションではなく、持続的イノベーションしか起こせないと言います。そのため、DXを検討・推進する際は、長期的な目線で戦略を立て、さらに大きなリスクを取る必要があると言えるでしょう。

レガシーシステムを活用し、価値を拡張するLiferay DXP

また、多くの企業がDXの課題要因として考えているレガシーシステムですが、レガシーシステムに膨大なデータが眠っているため、それを利用しつつDXを推進したい、と考える企業も多いのではないでしょうか。弊社では、Notes/DominoやWebSphereとの連携や、レガシーシステムのリプレイスなど、企業のDXを多く支援してきた実績があります。

弊社製品 Liferay DXP (デジタルエクスペリエンスプラットフォーム)は、企業がDXをすすめる上で重要となる『変化』に、素早く対応できるデジタル基盤を提供します。5つのブランドを1つのポータルサイトで管理するフォルクスワーゲン社や、パーソナライゼーションに優れた学内ポータルを構築した名古屋大学など、様々な業界の企業・組織に導入頂いているため、Liferay DXPの詳細導入事例をぜひご覧下さい。

参照文献

[1]Intel, “Dell Technologies Digital Transformation Index II” https://www.dellemc.com/resources/en-us/asset/briefs-handouts/solutions/dt_index_ii_executive_summary.pdf 
[2]KPMG, “No normal is the new normal”
https://assets.kpmg/content/dam/kpmg/xx/pdf/2018/06/no-normal-is-the-new-normal.pdf 
[3]経済産業省、”DXレポート” https://www.meti.go.jp/press/2018/09/20180907010/20180907010-1.pdf
[4]Advanced, "What is the true cost of legacy applications on your business?" https://www.oneadvanced.com/news-and-opinion/what-is-the-true-cost-of-legacy-applications-on-your-business/ 
[5]The Enterprisers Project, "Digital transformation ROI: How to check a project's payoff." https://enterprisersproject.com/article/2019/2/digital-transformation-roi-how-to-do-investment-checks

業界最高の評価

Gartner

Gartnerレポート:『リーダー』に位置づけ
ライフレイは9年連続で、Gartner社によるデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP )分野のマジック・クアドラントにおいて、リーダーに選出されました。

レポートの詳細、ダウンロード